バリュー工法バリュー工法
3つのメリット
  • ケレン作業の短縮などにより、工事期間の短縮が可能

    バリュー工法は、サビが残っていても塗布が可能で、通常のケレン作業や乾燥作業といった下地処理の工程が大幅に軽減され、工期が短縮されます。
    また、ミラクルプライマー自体の乾燥も早く作業の効率化が図れることで、工期短縮に貢献しています。

  • コンクリートの中まで浸透し、確実に漏水を止める

    当社のミラクルプライマーを使った「バリュー工法」はコンクリートに発生したヒビの奥深くまで浸透させることができ、完全に漏水の原因をもとから止めることができます。
    また、ミラクルプライマー自体に柔軟性があることで、建物の揺れによるヒビの発生を抑制することができます。

  • サビごと封じ込め、更なる腐食を防止します!

    コンクリートと設備の接合部分の金属やボルトは「水分」と「酸素」により必然的にサビが発生します。そしてそのサビが進行すると思わぬトラブルや設備の交換の可能性が高くなります。
    当社のミラクルプライマーは、サビの奥深くまで浸透し、柔軟性がある強力な塗膜を形成することで、空気や水との接触を遮断しサビの進行を食い止めることが可能です。(酸化防止持続処理)
    また、下地作業では全てのサビを完全に除去する必要がなく、表面のサビを落とすだけで塗装が可能となり、作業に手間がかかりません。

バリュー工法って

「バリュー工法」は、ミラクルプライマーを使った
まったく新しい漏水・防蝕の工法です
ミラクルプライマーは、コンクリートの奥深くまで浸透し、漏水の原因となるヒビ、また、これから漏水する可能性のある小さなヒビにも浸透し補修することができるのです。
またこのバリュー工法は、油や水分があっても施工が可能で、かつ乾燥も早く、工期が短くなり、施設の利用者様の負担も軽減されるため施工させて頂いたお客様から大変評価を頂いています。
優れている理由
バリュー工法のミラクルプライマーは、亀裂や細かい隙間に浸透し、強力に固まりつつ柔軟性があります。したがって、ミラクルプライマー加工を施したコンクリートは強度を増し、ヒビの発生を抑制します。
◀︎他社製品
塗料は表面だけを塗装し、クラックの奥深くまで浸透していません。
◀︎当社ミラクルプライマー
クラックの奥深く、小さな隙間まで浸透しています。

バリュー工法の施工事例

施工事例
屋外防水及び
塔屋補修工事

Before
亀裂の幅が非常に大きく、触るとぐらぐら揺れる状態で、剥離も起こっている。この亀裂から漏水している状況。全体的に亀裂があり、倒壊の恐れがありました。

After
土間の防水工事も含めて、3日で完了です!ミラクルプライマーとモルタルを水状に混ぜ、全面ローラーにて塗布し、下地調整完了。亀裂補修が完了し、漏水を完全に止めることができます。
ベランダ避難
ハッチ再生処理

Before
避難ハッチがサビて穴があき、下の階の洗濯物にサビが…

After
入れ替えずに、塗膜が剥がれない限りサビることのない避難ハッチに再生することができました。
<作業内容>
バサルトシートで穴あき部を補強。ミラクルプライマーとモルタル混和剤で再生処理。
駐車場パレット
止水防水工事

Before
錆びが1箇所で発生すると急速に広がって行きます。

After
錆びている部分も簡単なケレン処理だけで塗装が可能です。
<作業内容>
タイヤ止め再接着処理
(塗膜防水と石の接着作業)
<作業内容>

強力なボンドで接着しても剥がれてしまい他に方法がありませんでした。

清掃後、ミラクルプライマーで接着。湿潤面・油面でも施工可能で、硬化後、湿潤面になっても接着力を維持することができます。

ミラクルプライマーによる「バリュー工法」は、浸透接着が可能で、通常ではできない防水処理ができるのが魅力です。

土間の剥離は繰り返され深刻な問題となっています。
ミラクルプライマーによるバリュー工法で下地処理することで、深い浸透防水と強い接着力となり、従来のような剥離を防止することができます。

安全性について

日本食品分析センターによる浸出試験
バリュー・クリエイションでは、お客様が安心してバリュー工法を選んで頂けるよう日本食品分析センターによる浸出試験を行いました。受水槽内部のコーティング剤として、当社のミラクルプライマーを使用した場合に、貯めた水に化学成分が浸出するかどうかの試験です。
試験概要

検体について給水褒置の構造及び材質の基準に関する省令(平成9年厚生省令第14号)第1条第1項第1号,第2条第1項,第3条,第5条第1項第1号イ及び第6条の規定に基づく,給水装置の構造及び材質の基準に係る試験(平成9年厚生省告示第111号)により,シアン化物イオン及び塩化シアン等の浸出試験を行った。

試験結果

検査結果はいずれの化学物質も検出されず、安全性が実証されております。

(検査結果を表にしたもの)